美容効果

コンドロイチンとカルシウムの関連

骨の形成成分であるカルシウムは、体内で十分に吸収される必要があります。
丈夫で強い骨を作るには、カルシウムが十分に吸収されなければなりません。
やみくもにカルシウムを摂取しても、吸収されないカルシウムは尿として出てしまいます。
カルシウムは摂取することが大切なのではなく、「吸収すること」が大切です。
このカルシウムを効率良く吸収させるために、この栄養素が活躍します。

コンドロイチンはカルシウムとともに摂取することでカルシウムの吸収を高めます。
コンドロイチンは、カルシウム代謝に深く関わる大切な成分なのです。
コンドロイチンとは、ムコ多糖の一種で、皮膚や軟骨、骨、コラーゲンなどの構成成分です。
コンドロイチンは体内で生成される成分ですが、年齢とともに生成量は減少し、中高年を過ぎると不足しやすくなります。
コンドロイチン不足は、肌の老化や関節痛の痛みなどを引き起こします。

カルシウムを摂取する時は、必ずコンドロイチンも同時摂取しましょう。
カルシウムをサプリメントなどで補うのであれば、コンドロイチンを含む食品、コンドロイチンのサプリメントを摂取するなら、カルシウムを含む食品といった組み合わせでも良いでしょう。
カルシウムは摂取ではなく「吸収」に注意を払いましょう。加えてコンドロイチンの摂取が必要であることをお忘れなく。