美容効果

コンドロイチンとコラーゲンの関連性

コラーゲンとコンドロイチンの役割
コラーゲンとコンドロイチン、どちらも細胞と線維、基質で構成されている結合組織です。
そのうちの基質に含まれる物質が「コンドロイチン」線維に含まれる物質が「コラーゲン」であり、お互いに強力しながら結合組織として働いています。

この成分は、なめらかな動きをサポートする軟骨の構成成分です。
コラーゲンは、みずみずしさや弾力を支え、美容と健康に役立つ成分です。
この成分とコラーゲン、このどちらが欠けても結合組織の機能に支障が出てしまいますので、結合組織の機能を効果的に働かせるためにはどちらも不可欠な成分といえます。


コラーゲンとコンドロイチンを同時に摂取する理由
コンドロイチンの正式名称は「コンドロイチン硫酸」といいます。
コンドロイチンは「ムコ多糖類」の一種で、細胞と細胞とをつなぐ役割でゲル状の性質を持っています。

さらに、コラーゲンとコラーゲンのすき間を埋めて水分を保持する働きもあります。
この成分は、長い間水分を保持する働きに優れていますので、コラーゲンのみで摂取するよりも、コンドロイチンと一緒に摂取する方が効果的なのです。
この成分はプラスイオンの水分子を抱え込み体内に長く留めます。
コラーゲンとコンドロイチンは、結合組織として美肌作りに大切な役割を担っています。